日本語

日本語

16世紀のスペインとの80年戦争で生まれた伝統的なヒュッツポットや白パンとニシンのおいしい料理が楽しめます。さらに地元ライデンらしい祝典が地元の歌、パレード、そしてライン川の北にある最大のオランダのカーニバルによって行われます。また、夜になると「Rubber Robbie」や「Barry Swimsuit」などの地元の有名な曲に合わせて踊り、出店でお酒を満喫できます。毎年恒例、10月2・3日に、ライデンは1574年にライデンの独立戦争でスペインからの独立を祝うために大勢の人が他の街からも訪れ、賑わいます。

“安堵”の思いを再び

交通が停止し、大学とすべての学校、市のサービスは国民の休日の日のために閉鎖されます。市内中心部は1つの巨大な祭りになり、ライデンのOntzetの期間、町全体が赤と白の色になります。それを除いて、10月3日の団体の約80人の委員と役員は黒い帽子と尻尾をして祭りをオーガナイズします。

10月3日のプログラムとして、市役所にて午前7時に”bugle call”、7時30分にはニシンと白パンを皆さんに無料で提供します。その後、8時にコミュニティーよる歌、記念式典が10時、ストリートシアターもしくカーニバルの訪問後(たくさんの子供)、たくさん屋台で少しお腹を満たし、そこから午後1時に素敵なパレードがあります。その後10月3日の大学の運河やエンターテイメントを巡る大規模な競技大会、そして数時間パーティーを楽しんだ後、巨大な花火大会が午後11時半に開催されます。花火が終了後、アクション満載の一日が終わります。

多くの人にとって、10月2日に始まり、10月3日までの週に開催される多くのイベントはもちろんのこと、ヒュッツポット、パレード、そして多くの楽しい時間を夜まで楽しむことができます。ほとんどのイベントは数千人の集団(コミュニティの歌手)から数万人(グレートパレード)が参加します。この祭りの衣装である帽子と尻尾はあまり気にしませんか?心配する必要はありません:あなたがこの衣装を着ているかどうかにかかわらず、すべての活動に参加できます。しかし、ライデンの色である赤と白を身に着けていると、あなたは群衆により溶け込めるでしょう!

(*無料のニシンと白パンは、10月3日の朝、ライデンの全住民、そして前もって登録している10月3日の団体のメンバーのみに配布されます。)

なぜこの無料の配布があるのですか?

簡単に言えば、ライデンのontzetは、オランダで最大の町家祝典です。ライデンの美しい17世紀と18世紀の建物と運河を背景に、記念碑とお祝いが手に入ります。このような行事で歴史が遠いようで遠くないことを示します。大きな疑問は、なぜこの無料配布によって歴史が思い返されるのですか?

80年戦争(1568-1648)の間に、スペイン軍はライデンを2度包囲しました。プロテスタント都市の父親はオランダのウィリアム王子で、スペインのフィリップ2世の下でハプスブルク君主制に対するオランダの反乱の指導者として宣言していました。最初の包囲戦は、スペイン軍が東部での侵攻と戦うために行進した際に、軽傷を負って6ヶ月後に終了しました。 1月後、1574年5月26日にスペイン軍はは戻ってきました。 2回目の包囲はまったく別の問題が起こりました。ライデンは再度起こるであろうスペイン軍による長期的な包囲に対して十分に準備していませんでした。新しい兵器や軍隊の用意がなく、最初の包囲戦でのスペインの砲撃所も解体していませんでした。スペイン人がすでにNaardenとHaarlemの都市を彼らの降伏時に虐殺していたので、見通しは厳しいものでした。すぐに、ライデンは飢えと疫病が広がり、人口18,000人の中の3分の1が殺されました。士気は低く、降伏を避けるために市の指導者たちが最善を尽くしました。これには、貴族の学者詩人ヤヌス・ドウサと市民秘書のヤン・ファン・ハウトが含まれ、後にライデン大学の創設者であり、市長のファン・デン・ベルフは、それらの戦いに必要なものとして食料の確保に力を入れました。

その間に、ルイ・ド・ボワソルト司祭が率いる2500人の「gueux」(フランス語で乞食という意味)の救援部隊がこの町に近づいた。ボートでは、オレンジのウィリアムが町を取り囲む肥沃な土地に海の水を氾濫させるために、堤防に穴をあける命令を出しました。艦隊は途中で激しい野戦に遭遇しました。さらに重要なことに、逆風が海の水を追い返したことで、艦隊をライデンの南に置き去りにしました。 9月18日に風の向きが変わったときにだけ、別のルートで攻める事ができました。 10月2日までに、ライデンを取り囲むスペイン軍の地位は維持されなくなり、彼らの指揮官ヴァルデスは退却した。その夜、海の水によって弱められた都市の壁の大部分が崩壊しました。ライデンは攻めの準備を十分にしていましたが、スペイン人はもうすでにいませんでした。孤児の少年、コルネリス・ヨップンスは、都市のすぐ外のラムンという場所で敵の砦を探索し、退却のニュースを最初に出しました。実際にスペイン人は、鍋に牛肉、ニンジン、ニンニクのシチューを残していました。それはヘイスベルト・スへックによってライデンの町に運ばれました。驚いた事にラークンホール博物館で空のポットがまだ残っています。その後、10月3日の日曜日、救援艦隊はフリットという方面から、飢えた人達のための大量のニシンや白パン、その他の食糧を持って市に入りました。奇跡のように、ライデンは救われました。

ピータース教会でのニシンと白パンの無料配布、記念サービスは、1574年10月3日に始まりました。それ以来この10月3日のライデンの救済は毎年祝われています。カーニバルと市場の出店はすぐその年から行われています。他のイベントは何世紀にもわたり追加されていき、最近では音楽祭「3 October Live in Concert」が加わりました。 10月3日のお祝いとは別に、ライデンの救済によって町のもう一つの特徴を示すものとしてライデン大学が生まれました。ライデン大学は1575年に包囲された時の市の決意・活躍に感謝して設立されました。市議会が1823年に祭りを軽視し、日曜の休みのために祭りの中止をしようとしたときに、ライデン大学の学生たちが10月3日にニシンと白パン無料配布を終わらせない為に自ら組織を作り、この伝統を守りつづけました。

19世紀の終わりには市民の気持ちが高まり、市民は10月3日の団体を「Leiden's Ontzetの記念日の祝賀を守るために」立ち上げました。そしてファン・デン・ベルフ市長へ熱意を示しました。市議会や公共サービス、ライデン大学を含む主要な関係者との密室な協力の下、10月3日の団体は、約30のイベントを開催し、記念日を祝いました。ライデン地区で最大の市民団体であり、14,000人以上の会員を抱えています。 12人の理事と72人の委員は、ライデンのOntzetを年の中で最高の日にするために、年間を通してボランティア活動を行っています。

ライデンのOntzetは無料のニシンと白パンだけではなく、21世紀の3,500のスクールキッズと5,000人の成人を含む16世紀の歌や、花火、楽しい過去や現在の民俗芸術、食べ物、音楽、パレードがあります。これらは独立の日のため祝典であり、歴史を蘇らせる事ができます。ライデンが1574年に大学のモットーである「自由の歩み」が生まれたのは、市のモットーである「自由のため」からであり、今でも続いています。ライデンのOntzetは楽しく、とてもとてもオランダらしいです。もちろん、ニシンも忘れてはいけません。どうぞライデンの歴史・文化を思う存分に楽しんでください。